土地評価における役所調査の価値

土地評価における役所調査の価値

土地評価における様々な調査の中でも、重要度が高いのは役所調査。土地の価値を決めるのに建築や不動産業界では常識と言われるこの役所調査がなぜ税理士業界では習慣化されていないのか?役所で何を調べるのかという調査方法や目的と併せてまとめてみました。

詳細 →

土地を評価するときは道路に注目する

土地を評価するときは道路に注目

土地の価値に影響を与えるのは土地そのものよりも道路です。対象地の前面道路が建築基準法上の道路にあたるのかどうか。そして、どの種別なのかによって、その価値は大きく変わってきます。。その重要なポイントご説明します。

詳細 →

セットバックが必要な宅地の判断方法

セットバックが必要な宅地の判断方法

セットバックを必要とする宅地か否かは、対象地に接道する道路の種別が42条2項道路であるかがカギです。この2項道路かどうかを調べればわかることですが、現状は調査方法を知らないという原因による見落としが多いので、詳しくご説明します。

詳細 →

路線価評価と倍率評価の捉え方

路線価評価と倍率評価の捉え方

不動産価格は1物4価といわれ、その中の1つが相続税評価額です。その評価額の基ととなるのが路線価評価と倍率評価。普段は価格や倍率に注目してますが、その特徴や指針を知ると、より一層評価への捉え方が深まります。

詳細 →

地目と地積の判定基準とは

地目と地積の判定基準とは

土地評価には、いくつかの基本事項がありますが、その中でも地目や地積の判断はスタートラインです。実務においては、意外と落とし穴がありますので、しっかり見極める必要があります。地目の種別と内容も説明します。

詳細 →