間口、奥行、道路幅員、それ以外に測るところとは?

間口、奥行、道路幅員、それ以外に測るところとは?

現場調査に行って、間口や奥行きだけを測っても、その土地の形状はわかりません。現況を図面で再現するには他にも測るポイントがあります。今回は、土地の面積や形状に必要な測り方について説明します。

巻尺の使いみちは、もっとある

セミナービゲーターの久保木です。

相続税の申告を行う事務所なら必ず持っている現場調査のツールとして50m巻尺があります。

えっ、持っていない?なんてことはないですよね(汗)。
赤外線やレーザー距離計、ウォーキングメジャーがあるなら別ですが…

この巻尺の使い道ですが、現場に行って間口や奥行、最後に道路幅員を測るくらいに留まっていませんか?

このくらいの作業だと何年も使えるから買い替えもしないで済む。でも、それだと事務所のお飾りになってしまいます(笑)。

現地を測るポイント

巻尺は、しっかり調査すると、ときに数カ月で、ケースによっては数回で使えなくなる状態になります。

それはなぜか?

間口や奥行、道路幅員以外にも測るものがたくさんあるからです。

これを測らないと調査をしたとは言えません。

それはどこを測るのか?

土地の辺です。外周と言った方が分かりやすいですね。

いわゆる四角形ABCD(4辺) のDA、AB、BC、CDです。
この4辺を測ると土地の外周が分かります。

でも、これで終わりではないんですよ。まだまだ測るところがあります!

それはどこだと思いますか?

3

2

1

0!!

それは、対角線です!

ACまたはBDのどちらでも構いませんので、対角線を測ることがとても重要です。

なぜ重要かといえば、対角線を測らないと土地の面積は出せないからです。

そして、次のステップでは、現地で測ったデータをもとに現況の作図(現況図を作成)を行います。

想定整形の図面の作成方法は「土地評価実務と現場実習」で詳しく解説しています。

 

以上、現場で間口、奥行、道路幅員以外に測るポイントについてご説明しました。
ご参考になれば、何よりです。

 

これからも関連記事を読みたい方、セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください(無料)。 全てはメルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や実務・事例の配信。
  • セミナーやDVD・動画のご案内。
  • 無料動画や特典レポートのご案内。

ご登録フォーム(▼名前とメールアドレス▼)

名  前 
メルアド