セットバックでも4mさがるケースとは?

セットバックでも4mさがるケースとは

seminarvigator(セミナービゲーター)の久保木です。今回のテーマは、セットバックでも4mさがるケースとは?です。

この世の道路は2項道路が大半

突然ですが、市街化区域にある道路で一番多いのは何でしょうか?

国道、区道、市道などの幅員4m以上の道路(1項1号)だと思いますよね。

でも、その道路ではありません。

実は幅員4m未満の2項道路なんです。いわゆるセットバック道路。

身近にある道路という道路は、まだまだ2項道路が大半。

ご周知のとおりセットバックは道路中心線から2m下がるのが原則です。

例えば、幅員3mの2項道路ならば、道路中心線から両側0.5mずつ下がります。

ただし、例外もあって、2mではなく倍の4m下がらなくてはならないケースも。

セットバックでも4m下がるケースとは?

これをセットバックの一方後退といって、両側ではなく、一方(片方)だけが下がります。

それはどのような状況のときでしょうか?

  1. 相手側(反対側)が、がけのとき
  2. 相手側(反対側)が、河川や水路のとき

簡単にいうと、下がろうとしても物理的に下がれない状況にある場合です。川や崖では下がろうにも下がれないですよね。

実は、あともう一つあるんですが、それは何だと思いますか?

それは、公共用地です。学校や幼稚園などですね。

でも、一方後退を決めるのは行政(役所)なので、確認が必要になります。

公共用地でも一方後退しなくてよい場合もあるので、やはり確認は大事です。

役所調査を詳しく知りたいならこのセミナーがおススメです↓

「土地評価に欠かせない!役所調査の実務要点」動画&DVD

 

以上、セットバックでも4mさがるケースとは?についてご説明しました。
ご参考になれば、何よりです。

 

これからも関連記事を読みたい方、セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください(無料)。 全てはメルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や実務・事例の配信。
  • セミナーやDVD・動画のご案内。
  • 無料動画や特典レポートのご案内。

ご登録フォーム(▼名前とメールアドレス▼)

名  前 
メルアド