公図だけに存在する赤道・青道は要注意!

公図だけに存在する赤道・青道は要注意!

seminarvigator(セミナービゲーター)の久保木です。今回は赤道と青道に関する記事です。

公図に印されている「道」や「水」とは?

公図は現場にとても必要な資料です。

公図から読み取れるものは、土地の境界や大まかな形状、大きさ、隣接地との位置関係などですが、それ以外にもまだあります。

公図に「道」や「水」と印されているのをよくみませんか?

実務を行うときに、とても大事ですので、ご説明します。

まず「道」と印されているのは赤道(あかみち)です。

これは昔の農道で国有地になります。管理は財務省。

一方で「水」と書かれているのは青道(あおみち)。

これは昔の水路で、こちらも国有地。管理は国土交通省です。

赤道(農道)も青道も評価するのに注意が必要な理由?

赤道(農道)も青道(水路)も公図の上だけに存在するものですから、地番もなく、現状は周囲の宅地と一体化していてその存在はわかりません。

そして赤道や青道は、建築基準法の適用のない農道や水路。

ここでピンとくる方は、よく学ばれていますね。

建築基準法の適用のないということは、そこだけにしか接道していなければ無道路地(再建築不可)の可能性が高くなります。

しかも赤道や青道は、通り抜けできるものが多く路線価も付されているので注意が必要。

このようなことから赤道(農道)と青道(水路)は実務を行う上で大事ですから覚えましょう。

 

以上、赤道(農道)も青道(水路)についてご説明しました。
ご参考になれば、何よりです。

 

これからも関連記事を読みたい方、セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください(無料)。 全てはメルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や実務・事例の配信。
  • セミナーやDVD・動画のご案内。
  • 無料動画や特典レポートのご案内。

ご登録フォーム(▼名前とメールアドレス▼)

名  前 
メルアド